年収400万の新築マイホームブログ

年収400万、子どもありの専業主婦がかく小さい新築北欧ハウスのブログです。主婦目線でハウスメーカー選び、見積り、新築資金の節約、実際に便利な間取りなどをまとめます。

住友林業が実際に作成した2回目の概算見積り!値引きの内容について

こんにちは、夫の年収400万円で家族みんなの夢がつまった新築マイホーム建築を計画している主婦です!

前回に続いて住友林業さんとの打ち合わせで作成してもらった概算見積書(2回目)についてご紹介します。今回の記事では住友林業さんと交渉を進めていけば、どの程度の値下がりが期待できるのかが見えてくるかと思います。

「住友林業で家を建てたい!けど実際の価格が心配・・・」という方のお役に立てれば幸いです。では、住友林業さんが実際に提案してくれた見積り内容を見ていきましょう!



【目次】

概算見積もり作成時の間取り図

住友林業の間取り図1F
住友林業|間取り図1F
住友林業の間取り図2F
住友林業|間取り図2F

前回と重なる部分ではありますが、概算見積もりを作成してもらったときの間取り図をご紹介します。延床面積は30坪、総2階、2LDKの家です。造作は玄関収納、土間の仕切り壁、階段下収納、リビング左側のカウンター、キッチンからの勝手口、アップライトピアノ用の床下補強、2F寝室の収納です。


住友林業の概算見積り:2回目

f:id:myhomeplan:20171225232640j:plain
これが住友林業さんに実際に作成してもらった2回目の概算見積りです。
建物だけに掛かる価格は2444万円、これに消費税8%195万円が加わって、総額2639万円です。前回の総額は2931万円なので(詳しくは→住友林業が実際に作成した1回目の見積り! - 年収400万!新築マイホーム購入計画ブログ)、値引きされた額は292万円です。少し良い車が1台買えてしまう金額です。フラット35(住宅ローン35年払い、ボーナス支払いなし)であれば、月々の支払いが約9000円下がります。…大きいですね。

さて、この値引きはどのようにして算出されたのか。概算見積りに記載してある内容を上から順に見ていきます!


建物工事費用の値引き額

建物工事費用の値引き額は165万円です。

まず「ZEH補助金相当額当社負担」によって75万円の値引きがありました。ZEH補助金とはZEH仕様の家を建てることで国から支給される補助金(75万円)のことなのですが、実はこれには申請受付数に限りがあります。わが家はこれに間に合わないタイミングでの建築スケジュールを組まなければならなかったので、本来であれば補助金はゲットできませんでした。しかし、この補助金は住友林業さんがサービスしますよということで値引きをしてくれました。ちなみに1回目の見積もりの時点で、ZEH仕様の断熱材・サッシもサービスをしてくれています。

つぎに「9月度決算キャンペーン特別値引き」によって90万円の値引きをしてくれています。住友林業さんの決算は9月で、「9月であれば値引きがし易い!」と言っていました(本当か、営業トークなのかは分かりませんが…)。ただどの会社であっても決算は存在します。家であれば大体5ヶ月程度は建設期間が必要なので、9月売り込み、10月打ち合わせ、11月~3月着工・引き渡し・売上確定、3月末決算といったところでしょうか。わが家には色々なハウスメーカーから広告が届くのですが、9月は「決算!」と書かれたものが多く、やはり住宅業界にも決算割引が存在するように思います。



付帯工事費用の値引き額

付帯工事費用の値引き額は105万円です。

まず「エネファーム特別値引き」によって50万円の値引きをしてくれています。これは一般的に公開されていた9月のキャンペーンによる値引きです。わが家の場合エネファームに対して疑問を持っていたので(詳しくは→
住友林業のデメリット|光熱費とエネファーム - 年収400万!新築マイホーム購入計画ブログ
)、この値引きに対して「エネファームを買わずに他の値引きに充ててくれませんか?」とお願いしたのですが、「それはできません」とお返事を頂きました。

つぎに「銘木無垢・あらわし梁仕上げ」によって55万円の値引きをしてくれています。これも一般的に公開されていた9月のキャンペーンによる値引きです。ただ、確かこの店舗では「エネファーム特別値引き」か「銘木無垢・あらわし梁仕上げ」のどちらかの値引きしか選べないはずだったのですが、両方とも値引きを適応してくれています。



値引きを受けたときの状態(交渉術)

わが家が値引きを受けたときの状態は、住友林業と他2社で迷っているときでした。住友林業で間取りの申込(5万円の支払い済)、ローンの仮申請までしていたので、状況としては「あと、もう1押し!」といったところでしょうか。ただ決して契約のハンコは押さず、どのような提案を受けても「他ともう少し話を進めてから考えます」という返事を続けていました。

やはり競合する他社が存在すること、これが値引きの交渉に必要な要素といえるでしょう。「正規価格では経済的に不安が残る」、「返済が少し大変かもしれない」と思う場合は、「住友林業で建てる!」と気持ちが決まっていたとしても、他社に見積もりの依頼を並行して行っておくと値引き額がアップするかもしれません(少し他社さんに申し訳ないですが、もう少しだけ住宅ローン負担が軽くなったらという場合は仕方がない気がします…)。



まとめ

今回は住友林業さんが実際に作成した2回目の見積り書をご紹介しました。2回目の交渉で約300万円の値引きです。大きいですよね。値引きしてくれたポイントは「ZEH関係」、「決算値引き」、「エネファーム値引き」、「キャンペーン値引きが本来1つだけのところを2つ適応」でした。交渉次第では、ここようなポイントで値引きの可能性がでてくるようです。

わが家の場合、交渉開始と同月にハウスメーカーを決める必要があったので、住友林業の営業さんも結構スピーディーに値下げしてきたかと思います。また他社と本気で競合していたので、結構がんばってくれているかとは思います。ただわが家の場合、ハンコはまだ押せませんでした。

次回、3回目の交渉で出された概算見積もりをご紹介します。3回目で結局、住友林業さんとの契約はナシとなったので、3回目の概算見積もりが限度に近い値引きなのかなと思います。また住友林業さんの価格のご参考になれば幸いです。


●おすすめ記事
マイホーム費用は住宅ローン・保険の選び方で数十万円安くなるかもしれません↓
自分に合った住宅ローン会社のランキング付けサービス - 年収400万!新築マイホーム購入計画ブログ
フラット35団信加入と収入保障保険ではどっちが得?|2017年10月以降の住宅ローン - 年収400万!新築マイホーム購入計画ブログ