年収400万の新築マイホームブログ

年収400万、子どもありの専業主婦がかく小さい新築北欧ハウスのブログです。主婦目線でハウスメーカー選び、見積り、新築資金の節約、実際に便利な間取りなどをまとめます。

住友林業が実際に作成した3回目の概算見積り!値引きの限界について

こんにちは、夫の年収400万円で家族みんなの夢がつまった新築マイホーム建築を計画している主婦です!
この記事でも前回に続けて住友林業さんとの打ち合わせで作成してもらった概算見積書(3回目)についてご紹介します

今回の記事では住友林業さんと交渉を進めていけば、最終的にどの程度までの値引きが期待できるかが見えてくるかと思います。わが家の場合、住友林業さんとは3回目の見積もり打ち合わせで他社にすることを決めているので、担当営業さんのできたギリギリの値引きかなと思われます。

「住友林業で家を建てたい!けれど実際の価格が心配・・・」という方のお役に立てれば幸いです。では、住友林業さんが実際に提案してくれた見積り内容を見ていきましょう!



【目次】

概算見積もり作成時の間取り図

住友林業の間取り図1F
住友林業|間取り図1F
住友林業の間取り図2F
住友林業|間取り図2F

度々、重複した紹介となりますが…概算見積もりを作成してもらったときの間取り図です。延床面積は30坪、総2階、2LDKの家です。造作は玄関収納、土間の仕切り壁、階段下収納、リビング左側のカウンター、キッチンからの勝手口、アップライトピアノ用の床下補強、2F寝室の収納です。


住友林業の概算見積り:3回目

住友林業の概算見積書(3回目)
住友林業の概算見積り(3回目)
これが住友林業さんに実際に作成してもらった3回目の概算見積りです。

1回目の概算見積もり総額は2931万円、2回目は2639万円、そして3回目も2639万円でした。…2回目と3回目の総額は変わらずです。値引きは2回目の概算見積もりで限界だったようです。

値引きがないのは少し残念ですが、3回目の概算見積もりではいくつか無料サービスを付けてくれています。提案してくれた無料サービスを、概算見積りの並び順に沿ってご紹介します。



LDK床暖房無料サービス

LDK(20畳)の床暖房設置を無料でサービスしてくれました。インターネットで床暖房の設置費用を調べたところ(住友林業の設置費用は見つからず、他社の設置費用となりますが…)、20畳であれば50万円程度は掛かるというところが多くありました。つまり値引きはなくとも50万円程度のお得にはなっているのかなと思います。

「新築には床暖房が欲しかった!」という方にとっては、とても嬉しいサービスですよね。



浴室暖房乾燥機無料サービス

浴室暖房乾燥機の設置を無料でサービスしてくれました。これもインターネットで浴室暖房乾燥機の設置費用を調べたところ(これも他社の設置費用となります)、10万円程度は必要となるようです。

浴室暖房乾燥機を設置すれば入浴前から暖房ができて、お風呂に入るときに「寒い!」という思いをすることなく快適に過ごせます。また洗濯物の部屋干しにも役立ちます。

無料で設置してくれるのであれば、嬉しい限りのサービスです。



ガスコンロハイグレード無料サービス

ガスコンロのハイグレードを無料でサービスしてくれました。…実はガスコンロのハイグレード、とっても欲しかったんです。ハイグレードではガスコンロのスイッチがクルクルと回して点火するダイヤル式になります。何かと汚れやすくて掃除がしにくいスイッチ式がとてもストレスだったので、プッシュ式へのグレードアップはとっても嬉しいです。

ハイグレードは通常のものより大体プラス20万円程度なのですが、これが無料です。ガスコンロをこだわりたい方にとっては、これも嬉しいサービスです。



無料サービスを提案されても契約しなかったときに提案された値引き内容

嬉しい3つの無料サービスを提案されましたが、わが家はそれでも契約を結びませんでした。このとき最終の最後で、もう1度値引きの提案がありました。その内容は「建築する建物を構造見学会、新居見学会に使わせてもらえたなら、多少値引きができるかもしれない」というものでした。具体的な値引き額の提示は上司と相談しなければならないということで聞くことはできませんでしたが、このような方法でも値引いてもらえることがあるようです。



まとめ

今回は住友林業さんが実際に作成した3回目の見積り書をご紹介しました。1回目と比べると「約300万円の値引き」、「LDK(20畳)の床暖房設置無料サービス」、「浴室暖房乾燥機無料サービス」、「ガスコンロハイグレード無料サービス」、「建物の見学会利用を同意した場合は値引いてくれる」の特典を提案して頂くことができました。価格でいうと値引きではありませんが、大体80万円程度のサービスをプラスしてくれています。わが家はこの3回目の見積もりが住友林業さんとは最期の打ち合わせとなったので、これが担当営業さんのギリギリできる値引き・サービスだったのではないかなと思います。

競合の相手が居たこともあって、かなりの値引き・サービスをつけてくれたかと思います。他社と比較しているということをアピールすれば、この程度の値引きは実現することができるのかもしれません。「住友林業さん以外にも真剣に考えているハウスメーカーがある!」、この意思表示が値引きを実現させる上で本当に大事なように感じます

あとは…少し話は見積もりからズレてしまうのですが、住友林業さん(担当営業さんだけかもしれませんが)はかなりガス会社と仲が良いように思います。エネファーム値引き、床暖房・浴室暖房乾燥機・ガスコンロハイグレードの無料サービス。いづれもガス関係の値引き・サービスとなります。

これは購入側にとっては大きなメリットになることもありますし、サービスにつられて不要な設備を設置しかねないリスクにもなりえます。

さて3回作成してもらった住友林業さんの見積もりをご紹介しましたが、この記事がハウスメーカー選びに悩んでいる方や住友林業さんの価格に不安を抱えている方にとって何かの参考となれば幸いです。

次回は、同じ住友林業さんでも営業支店が異なるところで打ち合わせた見積もりについてご紹介します。わが家の場合、色々と手違いがあって2支店で打ち合わせを進めてしまっていたので、こちらもご紹介できたらと思います。次回の記事も何らかのお役に立つことができれば嬉しいです!

●おすすめ記事
マイホーム費用は住宅ローン・保険の選び方で数十万円安くなるかもしれません↓
自分に合った住宅ローン会社のランキング付けサービス - 年収400万!新築マイホーム購入計画ブログ
フラット35団信加入と収入保障保険ではどっちが得?|2017年10月以降の住宅ローン - 年収400万!新築マイホーム購入計画ブログ