年収400万の新築マイホームブログ

年収400万、子どもありの専業主婦がかく小さい新築北欧ハウスのブログです。主婦目線でハウスメーカー選び、見積り、新築資金の節約、実際に便利な間取りなどをまとめます。

住友林業の実際の見積りまとめ

こんにちは、夫の年収400万円で家族みんなの夢がつまった新築マイホーム建築を計画している主婦です!

今回は住友林業さんに実際に作成してもらった見積もりについて書いてきた記事のまとめていきます。各記事ごとにリンクを付けたので、気になる記事があればクリックしてみてください。

この記事が「住友林業さんは良いと思えたけれど、価格が気になる」、「住友林業の値引きは実際どうなの?」という方のご参考になれれば嬉しいです。
今回もよろしくお願いします。


【目次】

住友林業A支店の概算見積もり1回目

住友林業が実際に作成した1回目の概算見積もり
住友林業の概算見積り(1回目)
わが家は住友林業さんには2つの支店で概算見積もりを作成してもらっていました(イレギュラーではありますが)。話を掘り進めたA支店で作成してもらった第1回目の見積もりが上の写真です。
ビッグフレーム構造の30坪、太陽光発電とエネファーム付で税込み2931万円です(外構や火災保険、照明・インテリア費用などは含まず、建物のみの価格となります)。
(詳しくは→住友林業が実際に作成した1回目の見積り! - 年収400万!新築マイホーム購入計画ブログ



住友林業A支店の概算見積もり2回目

住友林業が実際に作成した2回目の概算見積もり
住友林業の概算見積もり(2回目)
上の写真は、競合相手がいるなかで作成してもらった2回目の概算見積もりです。キャンペーンや特別値引きで290万円の値引きをしてくれました。建物のみの価格は税込み2639万円です。
(詳しくは→住友林業が実際に作成した2回目の概算見積もり!値引きの内容について - 年収400万!新築マイホーム購入計画ブログ



住友林業A支店の概算見積もり3回目

住友林業が実際に作成した3回目の概算見積もり
住友林業の概算見積もり(3回目)
上の写真は、競合相手がいるなかで作成してもらった3回目(最後の)概算見積もりです。2回目以上の値引きはないですが、エネファームを付けるという条件でガスコンロのグレードアップ無料、LDK床暖房無料、浴室暖房乾燥機無料のサービスを提案してくれました。このサービスを値引きに回してくれないかと交渉しましたがダメでした。また他社契約にする旨を伝えたら「構造見学や新築見学会などで協力してくれたら更に値引きできるかもしれない」と言われています。
このまま話を聞いていけば、もしかしたらもう少しの値引きができたかもしれません。
(詳しくは→住友林業が実際に作成した3回目の概算見積もり!値下げの限界について - 年収400万!新築マイホーム購入計画ブログ



住友林業B支店の概算見積もり

住友林業(別支店)が実際に作成した概算見積もり
住友林業(別支店)の概算見積もり
上の写真は、同じ住友林業さんでも支店が違うところで作成してもらった見積もりです。ビッグフレーム構造の32坪、太陽光発電付で2646万円です。なぜだか分かりませんが、A支店より坪単価が13万円ほど安いです。他社競合のため250万円の値引きにも応じてくれています。値引きのうちわけは、支店が出しているキャンペーンを利用せずに、その分を建物価格から値引いていくというものでした。
(詳しくは→住友林業の実際の見積り|支店によって坪単価に差があった! - 年収400万!新築マイホーム購入計画ブログ



まとめ

住友林業さんが実際に作成してくれた見積もりについてまとめました。ビッグフレーム構造、自由設計の坪単価は60~75万円程度で、他社競合によって30坪邸ならば初回見積もりから250~300万円程度値引いてくれます。また2支店に見積もりをとってもらって気づいたことなのですが、支店間で坪単価に差があったり、値引きの仕方に違いがあることから、住友林業さんの家は価格がガチガチに決まっていなくて、状況に応じて価格設定をしてくれているようです。

「値引き」というポイントに着目するならば、競合相手がいるアピールと支店選び、営業さん選びはとても重要な交渉のカギに感じます。


●おすすめ記事
マイホーム費用は住宅ローン・保険の選び方で数十万円安くなるかもしれません↓
自分に合った住宅ローン会社のランキング付けサービス - 年収400万!新築マイホーム購入計画ブログ
フラット35団信加入と収入保障保険ではどっちが得?|2017年10月以降の住宅ローン - 年収400万!新築マイホーム購入計画ブログ