年収400万の新築マイホームブログ

年収400万、子どもありの専業主婦がかく小さい新築北欧ハウスのブログです。主婦目線でハウスメーカー選び、見積り、新築資金の節約、実際に便利な間取りなどをまとめます。

新築キッチンの間取り・工夫点|収納・ゴミ箱・空間活用法

こんにちは、夫の年収400万円で家族みんなの夢がつまった新築マイホーム建築を計画している主婦です!

今回はわが家の新築キッチンの間取りと工夫したポイントについてです(前回の予告と違いますー^^;)。わが家はリクシルの展示場にあるような一般的なキッチン導入を考えていたのですが、急きょキッチンを変更することにしました。

上棟も終えた状態だったので、キッチンの変更内容決定までに使っていい時間は1週間。短いながらも2歳児抱えて調べ歩きました。そうするとキッチンの細かな設備の違いや使い方、選び方について知識を得ることができました。

「新築のキッチンどうしよう?」、「キッチンなんてどれも同じに見えてきた…」、「みんなどんなキッチンにしてるの?」という方のご参考記事になれればと思います。どうぞよろしくお願いします!



【目次】

キッチンを急きょ変更しようと理由

理由①シンク下にゴミ箱を収納したくなったから

f:id:myhomeplan:20180205003333j:plain
(参考http://www.alphahomeplus.co.jp/blog/2016/08/post-1266-1322815.html)

キッチンを急きょ変更しようと思った大きなキッカケはゴミ箱収納法について考えたことでした。

キッチンの間取りを作成していたとき、自分のゴミ箱収納のイメージ位置はキッチンの背面でした。理由は特になくて、「ゴミ箱はキッチンの背面!」という固定的なイメージだけで空間の使い方を考えていたことが原因です。

しかしゴミ箱は高さも大きさもあります。収まりはあまり良くないですし、背面に収納しようと思ってもゴミ箱だけのために大きなスペースが必要となります。

「限られた背面スペースなのに、ゴミ箱に空間を使いたくない!」

この想いがキッカケで、キッチンシンク下をオープンスペースにしてゴミ箱を設置したらどうか、と考えるようになりました。


キッチンシンク下のゴミ箱収納はIKEAがアイディアしていた

キッチンシンク下のゴミ箱収納はIKEAがアイディアとして出していました。IKEAのキッチンエリアにいくと収納実例が沢山あります。

引き出しの中にゴミ箱を収納したり、膝で扉を押したら引き出しがプッシュオープンできたり(料理で手が汚れていてもゴミ箱をサッと出せます!)、シンク下に入るような色んなサイズのゴミ箱を組み合わせられたり…。

キッチンシンク下のゴミ箱収納に興味がある方は、IKEAのアイディアを見ると面白いですよ!


理由②キッチンを自分の部屋にしたいと思ったから

f:id:myhomeplan:20180205010821j:plain
(実際のキッチン間取り図)

上の図はわが家のキッチン間取り図です。①が冷蔵庫、②が食器棚、そして③がゴミ箱予定だったのですがシンク下に変更となったので、今はフリースペースです。

そこで、わが家の場合は壁面~③までのフリースペースに長めの机(150cmくらいかな?)を置いて、自分のワークスペースにしようと考えました。パソコンをしたり、裁縫をしたり、のんびりしたり。自分が好きに使える空間です。机の下に簡単な棚を置けば、好きなモノも収納できます。

ちょっとオープンですが、自分の部屋の完成です。自分の部屋がなかったので、このスペースが確保できただけでも満足度が違います。

自分の部屋なので…キッチンはただの仕事場ではなくなります。リラックスできる、自分のお気に入りが詰まった空間にしあげたくなります。

予定していたキッチンは作業効率を考えて、ステンレス天板に鏡面扉。でも自分が好きな材質は、木です。天板ステンレスは譲れませんが、扉は好きな木にしてしまえ。

これで自分の好きな部屋の完成です。

予定していたキッチンの大幅変更が余儀なくされました。



キッチンイメージ図

f:id:myhomeplan:20180205012436j:plain
これが昨日の晩に設計士さんに送ったキッチンイメージ図です。シンク下オープンは今となっては必須の構造です。それ以外にもいくつか工夫した点があるので、ご紹介します。


コンロ下ボトルラック

f:id:myhomeplan:20180205012912j:plain
(http://www.passart.jp/project/1816/)

コンロ下にボトルラックを設置しました。理由は2つあります。1つは私が料理をしやすいように、調味料(コショウや油ボトル)などを出しっぱなしできるようにするためです。料理中はサッサッと仕事がしたいので出しっぱなしにできるのは便利です。また汚れた手で扉の開け閉めをしなくてすむのでキッチンの掃除も減ります。

もう1つは夫の日本酒を収納するためです。キッチンに一升瓶を収納するだけの高さスペースを確保しづらかったので、夫に「お酒を階段下に収納して」と言ったらイヤだと言われました(笑)

オプション(プラス3万円)となるので調味料だけのためなら設置しなくてもいいかと思えたのですが、お酒をキッチンに置きたいならということで設置となりました。


ミーレの食洗機

f:id:myhomeplan:20180205014055j:plain
(http://plejour.exblog.jp/)

一目惚れの食洗機です。ミーレというメーカーが作っています。

一般的な食洗機は引き出しタイプで「鍋とか入るかな?」「入れにくそう」という印象があったのですが、ミーレは扉がパカッと開くフロントオープンタイプです。中身がとても見やすくて、サッサッと簡単に、大雑把に食器を詰め込められます。高さもしっかりあるので、鍋も安心して入れられます。

IKEAで出会ったのですが、初めてみたときは「これだ」と思えました。食洗機選びに悩んでいる方は、是非ミーレも見てみてください!


ハンドシャワー付き水栓

f:id:myhomeplan:20180205015351j:plain
(https://www.sunrefre.jp/smp/static/TKGG32EBR.html)
ふつうの水栓でもいいかなと思っていたのですが、ハンドシャワー付きに変更しました。シンクを掃除するときに水をザーッとかけ流したかったことが理由です。


扉は木製

f:id:myhomeplan:20180205015844j:plain
(https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%B3+%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3&prmd=isnv&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwivwJCX3YzZAhWEebwKHUTdB8gQ_AUIESgB#imgrc=6wbN59L_l11iQM:)

自分の部屋というイメージなので、キッチンにもファブリック感を求めてみました。木製キッチンというと傷みや汚れがイヤで選ぼうとは思っていなかったのですが、商品によっては塗装技術が向上していて油性マジックがついても拭いて落とせたり、醤油がついた状態を数日放置してもシミが残らないそうです。私が行ったのはウッドワンのキッチンショールームでしたが実験をみながら「キッチンは木製でも大丈夫になったんだ」と思えました。



まとめ

今回はわが家のキッチンの使い方についてまとめました。ゴミ箱収納の位置を考え直したことから、キッチンの空間活用法がどんどんと変わっていきました。あまり一般的ではない使い方ではありますが、1つのアイディアとしてご参考になれればと思います。

先週頭~昨日にかけて色々と探し回り、ようやくキッチンが決まりました。田舎住まいなので子ども抱えて片道2時間運転してショールーム見学、そして帰宅、夕飯準備、寝かしつけ、夜泣き。何だか充実した1週間でした(笑)

キッチンの価格は予定よりプラスで30万円近く…。夫の「大丈夫、何とかするもんだし、何とかなるもんだ」という言葉で気持ちを固められました。こうしたいなという想いがあっただけに、感謝です。

また次回からは今月中に決めなければならない住宅ローン会社と火災保険について、どんどんまとめていこうと思います。またどうぞよろしくお願いします!