年収400万の新築マイホームブログ

年収400万、子どもありの専業主婦がかく小さい新築北欧ハウスのブログです。主婦目線でハウスメーカー選び、見積り、新築資金の節約、実際に便利な間取りなどをまとめます。

楽天銀行住宅ローンの特典「手数料割引・ポイント」について考える

こんにちは、夫の年収400万円で家族みんなの夢がつまった新築マイホーム建築を計画している主婦です! 

今回は住宅ローン会社に楽天銀行を選ぶことで得られる特典「手数料割引き」についてご紹介します。住宅ローンは借入れる会社によってはいくつかの特典が用意されていることがあります。楽天銀行は金利・手数料ともに安い住宅ローン会社ですが、一定条件を満たせば手数料をさらに割り引いてくれます。ここでは手数料の割引き条件、デメリット、またその他特典についてまとめていきます。 

「楽天銀行の住宅ローンに興味がある」、「少しでもお得に住宅ローンを借りたい」という方のご参考になれれば嬉しいです!今回もよろしくお願いします。



【目次】

楽天銀行の手数料と割引き条件

f:id:myhomeplan:20180215004625j:plain
https://www.rakuten-bank.co.jp/smartphone/

2018年2月時点における楽天銀行の手数料は1.404%で他ネット銀行に比べて安いです(詳しくは→フラット35で金利・手数料(つなぎ融資も含めて)が安い3社を徹底比較!ARUHI・SBI・楽天銀行)。


しかし住宅ローンの引き落とし口座を楽天銀行に指定すれば、事務手数料はさらに1.08%まで割引かれます。 たった0.3%程度の割引ではありますが、住宅ローンの借入れ額は大きいためこのわずかな違いが大きな金額の差として表れます。

例えば、3000万円の借入れであれば割引による差は97200円です。この差は嬉しい額ですよね。ちなみに、これを35年ローン・金利1.4%で借りたとするならば、利息は26500円となります。手数料なども住宅購入費用の一部として考えるならば、割引額以上の差にもつながります。

楽天銀行を住宅ローン会社に選ぶのであれば、ぜひ活用したい特典です。

 

手数料割引特典を利用するデメリット

手数料割引特典を利用するには「楽天銀行を住宅ローン支払い口座にする」ことが条件となります。

しかし楽天銀行をメインバンクとして利用しているという方は少ないのではないでしょうか。そのため毎月支払日までに、住宅ローン分の金額をわざわざ楽天銀行に振り込む手間が生じます


楽天銀行への入金手数料と利用できるATM

楽天銀行への入金手数料は基本的には3万円未満であれば216~270円が必要となりますが、3万円以上であれば無料です。住宅ローンの支払いを入金する場合、ほとんどが3万円以上となるので入金手数料の心配はしなくても大丈夫でしょう。

また利用できるATM以下の通りです。
f:id:myhomeplan:20180210225728j:plain
(https://www.rakuten-bank.co.jp/smartphone/atm/)
コンビニや郵便局のATMが利用できるので、不便さはそれほどないように思います。

手数料割引特典を利用する場合の手間は、「忘れずに振り込みに行く」だけの手間ですむでしょう。

 

住宅ローン支払い振り込みをうっかり忘れた場合はどうなるの?

住宅ローン支払い振り込みをうっかり忘れてしまった場合どうすればよいのかと楽天銀行に電話で確認したところ、楽天銀行が指定した口座にローン分の金額を振り込めば大丈夫だとのことでした。

また一般的に入金が遅れると遅延損害金という余分なお金を支払わなくてはなりませんが、楽天銀行の場合は1週間程度以内ならフラット35では損害金は発生しないそうです。しかし一定期間を越えて振り込みが遅れれた場合に関しては、14.6%の遅延損害金が発生します。

遅延損害金の計算方法は「ローン支払い額×0.146÷365×遅れた日数」です。例えば月9 万の支払いで10日遅れ田ならば、遅延損害金は360円です。

大した金額ではありませんがローン支払いが遅延すると、それが銀行の記録として残ります。支払い遅延が記録が、その他の借入れに影響を及ぼす場合もあるようなので、引き落とし日より早めに入金されることをおすすめします。



楽天銀行住宅ローンを契約すれば楽天ポイントの特典はもらえる?

f:id:myhomeplan:20180215012620j:plain
(https://corp.rakuten.co.jp/innovation/rakuten_today/2017/0802-1220/)

楽天銀行といえば使いやすくて便利な楽天ポイントがあります。そのため「楽天銀行住宅ローンと契約をすれば、楽天ポイントの特典がないかな?」と思う方もいるでしょうが(少なくとも私は期待をしていました…)、実際はそういった特典はありません

これも楽天銀行に実際に電話をして確認しました。以前は確認ポイント○倍といった特典があったようなのですが、今はないそうです。「楽天銀行住宅ローン 特典」でネット検索をすると「獲得ポイントがアップしますよ!」と書いてあるホームページがありましたが、残念ながら2018年2月時点ではこのような特典は得られませんのでご注意ください。



まとめ

今回、楽天銀行を住宅ローンに選んだ場合に得られる特典についてご紹介しました。楽天銀行住宅ローンは住宅ローン支払い口座を楽天銀行にすることで事務手数料が1.46%から1.08%にまで割引かれます。楽天銀行に振り込む手間が必要となりますが、コンビニや郵便局のATMが使えるのでそれほど不便さはないように思います。

また楽天銀行であれば他に楽天ポイントの特典が用意されていないかなと期待をしてしまいますが、現在はそういったサービスはしていないそうです。

楽天銀行は金利が低く、条件を満たせば事務手数料も低いです。支払い額を抑えたい、という人にとっては比較的メリットがある住宅ローン会社のように思います。

わが家の場合、楽天銀行は有力候補でした(結局はハウスメーカーが提携する住宅ローン会社の割引が魅力的という結果となりましたが、これがなければ楽天銀行を選んでいたと思います)。他の住宅ローン会社で候補だったのがSBIで低金利・安心保証が魅力的だったのですが、保証対象となる条件が厳しいように感じられるため、SBIより手数料が1%安い楽天銀行が最有力という感じでした。

また楽天銀行住宅ローンの特典を検索すると手数料割引以外にも、個人のホームページで「楽天ポイントの獲得○倍」ということが書いてありましたが電話で確認したところ誤情報でした。これが本当だったら、楽天ユーザーのわが家は確実に楽天銀行を選んでいました。数年前は実際にあったそうなので残念です!


次回ですが、私が実際に活用した住宅ローン選びに役立てたサイトについてご紹介します。また、何かのご参考になれる記事が書けましたら幸いです。それでは、ゆっくり更新ではありますが次記事もよろしくお願いします。
(次記事→ 自分に合った住宅ローン会社のランキングを作成してくれるサービス|モゲチェック