年収400万の新築マイホームブログ

年収400万、子どもありの専業主婦がかく小さい新築北欧ハウスのブログです。主婦目線でハウスメーカー選び、見積り、新築資金の節約、実際に便利な間取りなどをまとめます。

フラット35団信と収入保障保険はどっちが得か?

こんにちは、夫の年収400万円で家族みんなの夢がつまった新築マイホーム建築を計画している主婦です!
今回は「フラット35の団信加入」と「保険会社の収入保障加入」のどっちが得かについて考えます

一般的にフラット35は団信を付けて、住宅ローン支払い期間に生じる万が一の事態に備えます。しかし住宅ローンの万が一に対して、団信の代わりに保険会社の収入保障保険を利用するという手段があります。

以前(2017年9月以前-団信の支払い方法が同年10月から変わっています)は団信の代わりに収入保障保険を利用した方が支払い総額が安くなると言われていましたが、今(2017年10月以降)ではそれが疑問視されています。
そこでここでは団信加入と収入保障のどっちが支払い総額を安く抑えられるのかについて、実際に保険会社に相談にいって調べてみました。

「団信の代わりに収入保障保険を利用したらどうなるの?」、「住宅ローンの負担を少しでも軽くしたい」、「住宅ローンについて知りたい」という方のご参考になれれば幸いです!今回もよろしくお願いします。

収入保障保険とは?

f:id:myhomeplan:20180224223824p:plain
(https://生命保険の先生.com/base/main/866.html)

収入保障保険とは被保険者が①死亡もしくは②高度障害となったときに支払われる生命保険です(保障の幅は特約で広げられます)。掛け捨てタイプの保険で、受取の保険金は契約期間の終わりに近づくほど減っていくのが特徴です。受取方法は月々分割もしくは一括でも受け取ることができます。

また収入保険は生命保険に分類されるため保険料の控除対象となります。

フラット35団信より収入保障保険の方が得!?

フラット35団信の団信分支払い総額

f:id:myhomeplan:20180223223657p:plain
http://www.flat35.com/simulation_danshin/index.php

まずはフラット35団信付き(特約なし)の団信分支払い総額について考えていきます。

上の図は借入額3000万円、フラット35(長期優良住宅割引10年)、35年支払いとした場合の年別団信分支払い額のシュミレーションが上の図になります。金利は楽天銀行さんの2018年2月時点の金利1.4%(当初引き下げ10年1.15%)に設定しています。

最初の5年間程度はローン支払い額のうち約10万円/年が団信に充てられています。10年目で約8万円/年、20年目で約5万円/年、30年目で2万円/年、33年目からは1万円/年を切るようになります。35年間にわたって住宅ローンを支払い続けた場合の団信分支払い総額は199万9200円です。約200万円の出費ですから、団信に対しても十分な支払いをしていることが分かります。


収入保障保険の支払い総額

f:id:myhomeplan:20180224233308j:plain
f:id:myhomeplan:20180224233625j:plain
f:id:myhomeplan:20180224233335j:plain

つぎに収入保障保険の支払い総額について考えていきます。

上の写真は保険相談窓口で収入保障の相談をしたときに、わが家が実際に作成してもらった資料になります。32歳、男性、非喫煙、BMI・血圧優良体での計算です。保証は月々受け取りor一括受け取りが選べて、初年度の一括での受け取り金額を4000万円に設定しています。受取額は年々下がっていき、10年目で3074万円、20年目で1966万円、30年目で720万円、35年目で285万円です。受取額の設定金額は3000万円の借入れならば、もう少し低めの設定で大丈夫だと思います。

この場合における収入保障支払い額は4万6656円/年です。団信の支払額は年々減少していきますが、収入保障の支払額は毎年一律です。そして35年間にわたって収入保障をつけた場合の支払い総額は163万2960円です。

フラット35の団信分支払い総額は199万9200円なので、36万6240円も収入保障保険の方がお得になることが分かります


繰り上げ返済はなおさら収入保障保険の方が得

収入保障保険は繰り上げ返済をした場合には、さらに団信よりお得になります。例えば先ほどの借入額・金利で、予定より10年間はやく繰り上げ返済ができた場合について考えます。

下の図は団信の支払総額イメージ図になります。
f:id:myhomeplan:20180223233347j:plain
青色□(左側)が支払い総額、緑色△が払わなくてよくなった総額です。

これに対して収入保障保険の支払総額イメージ図は下の図になります。
f:id:myhomeplan:20180223233415j:plain
赤色□(左側)が支払い総額、緑色□(右側)が払わなくてよくなった総額です。

図よりあきらかに収入保障保険の方が緑色の面積が大きい(=支払わなくでよくなった総額が大きい)ことがわかります。また図をみて頂けばわかるように、繰り上げ返済が早まれば早まるほど支払わなくてよくなる総額は収入保障保険の方が団信より大きくなります

繰り上げ返済も視野に入れているという場合であれば、団信つきより収入保障保険の方がお得になると言えるでしょう。


団信と収入保障保険の保障対象に違いはある?

団信の基本的な保障対象は①死亡、②高度障害となったときです。これに対し収入保障保険の保障対象も基本的には①死亡、②高度障害状態となったときです。どちらも特約で保証の幅を広げることができます。(ただし団信の場合、SBIが金利上乗せなしで保障対象の幅を広げています→詳しくは)


収入保障保険でお得をするための注意点

収入保障保険でお得をするために、注意するべき点があります。それは被保険者の健康管理状態です。

収入保障保険の場合、喫煙者であれば保険料はグッと値上がりします。BMIや血圧が標準値から外れていても値上がり対象となります。収入保障保険でお得になるには非喫煙者、BMI・血圧が標準値(BMI・血圧は喫煙より支払額の上げ幅が少ないようなので場合によってはお得かもしれません)ということがポイントとなってくるでしょう

また収入保障は年齢を重ねていくほど保険料が高くなります。30代前半であればご紹介した資料のように団信よりお得になる可能性がありますが、ある程度の年齢に達すると団信の方がお得となる可能性もあります



収入保障保険のデメリット

万が一の住宅ローン返済のときに手間がかかる

団信を契約した場合、契約者に万が一が生じたときには住宅ローンはそのまま帳消しとなりますが、収入保障保険の場合は住宅ローン一括返済までに自分でいくつかの手続きをする必要があります

収入保障保険に場合、有事における一般的な手続きは①保険会社への連絡(契約者名、保険証番号など)、②手続き書類の受け取り・提出(診断書、住民票、本人確認証など)です。①、②を経て保険金を受け取ることができます。また受取額を住宅ローンに充てるには銀行へ行き振り込む手間も必要となります。

万が一の状況ではパニックとなっているケースがほとんどでしょう。このような手間も普段の何倍もの労力に感じることが予想されます。



まとめ

フラット35の団信加入と保険会社の収入保障保険の支払総額を比較すると、収入保障保険の方がお得になる可能性があります。ただし「非喫煙」、「BMI・血圧が優良体」、「年齢が若い」ことがポイントです。これら条件を満たしていれば、団信より数十万円の支払いが安くなるケースがあります。しかし万が一のときにはパニックが生じているであろう時期に、自分で手続きをしなければならなりません。これが収入保障保険を選ぶ上でのデメリットとして挙げられます。

わが家の場合…収入保障保険を選んだほうが40~50万円ほど支払い額が減りそうなので、おそらくフラット35団信なし+収入保障保険となりそうです。タバコも吸わず、健康体をキープしてくれている夫に感謝です!

「住宅ローンの負担を少しでも軽くしたい!」と思っておられる場合は、1度保険の相談窓口に行ってみてはどうでしょうか?もしかしたらお得な案を提案してくれるかもしれません(^^)



たくさんある保険を一人で選ぶの?【保険見直しラボ】



●おすすめ記事
自分に合った住宅ローン会社のランキング付けサービス - 年収400万!新築マイホーム購入計画ブログ