年収400万の新築マイホームブログ

年収400万、子どもありの専業主婦がかく小さい新築北欧ハウスのブログです。主婦目線でハウスメーカー選び、見積り、新築資金の節約、実際に便利な間取りなどをまとめます。

新築洗面所のおしゃれ造作洗面台まとめ

こんにちは、夫の年収400万円で家族みんなの夢がつまった新築マイホームを計画している主婦です。今回は新築洗面所のおしゃれ造作洗面台をまとめました
(おしゃれな既製品洗面台は→新築洗面所の洗面台を既製品でおしゃれにする方法 - 年収400万の新築マイホームブログ)

造作洗面台は既製品の洗面台とちがって、鏡・洗面ボウル・タイル・カウンター・収納・サイズなど自分の好きなようにカスタマイズできます。人それぞれ色々なこだわりをもってつくっていて、「これは良いアイディア!」というのが多くあります。

写真を添えつつおしゃれでステキな造作洗面台をご紹介します。この記事が「新築洗面台を考えている」「洗面台を造作したい」という方のご参考になれたら嬉しいです。今回もよろしくお願いします。


【目次】

造作でつくるおしゃれな洗面台

造作の洗面台ではサイズ、色、材質、メーカーなどを自分好みに選べます。既製品にはないオリジナルの素敵な洗面台を写真を添えてご紹介します。

一般サイズの洗面台

まずは一般的なサイズの造作洗面台から。

f:id:myhomeplan:20180723130830j:plain
(http://www.kogumahome.com/cases/lav33/)

上写真は淡い色のタイルを使った落ちついたナチュラル系の造作洗面台です。

淡いカラーのタイル、丸い洗面、アーチの蛇口がマッチして全体的にやわらかさのある優しい雰囲気がステキな洗面台ですよね。吊り下げ照明も暖色系でやわらかさがプラスされていて、洗面台をよりおしゃれにしてくれています。

下写真は北欧のテイストを少し加えたナチュラルな洗面台です。
f:id:myhomeplan:20180723133033j:plain
(http://swedenokayama.blog84.fc2.com/blog-entry-1068.html)

木材カウンター(パインかな?)と淡いブルーグリーンのタイルが素朴でキレイです。シンプルな感じが良いですよね。

下写真は洗濯機収納も考えた洗面台です。
f:id:myhomeplan:20180723135228j:plain
(https://www.sweden-home.jp/s_style/s_style_04.php)

洗濯機をすっぽり入れられるスペースを作ることで、洗面所がよりスッキリしますね。また洗濯機上のスペースも有効活用できるのがステキです。個人的には大好きなタイプの収納です。

下写真の洗面台では洗面台と同一のカウンター下に洗濯機を収めています。
f:id:myhomeplan:20180724135446j:plain
(https://miica.exblog.jp/tags/%E6%B4%97%E9%9D%A2%E6%89%80%E3%83%BB%E3%81%8A%E9%A2%A8%E5%91%82/)

洗濯機のサイズによっては、こんな収納もできますね。


わが家も造作洗面台を作っていたのでご紹介します(下写真)。
f:id:myhomeplan:20180724135837j:plain
(web内覧会|わが家の洗面台)

木材カウンターとグリーン系のタイル、陶器でできた白色洗面ボウル、少しアンティーク調の暖色照明でつくってあります。鏡下は歯ブラシとかが置けるように壁を凹ませたニッチがあります。収納はわが家の場合この洗面台では特に使うことがないと思ったので、収納スペースはつけず見た目をスッキリさせました。


ロングカウンターの洗面台

f:id:myhomeplan:20180723132134j:plain
(https://lohas-club.jp/column/23/)

ロングカウンターの洗面台をご紹介します。まず上写真は少し短めに分類されますがロングカウンターの洗面台です。短めですが壁一面を使った鏡、大きめ深型のボウル、洗面台下の扉収納、その横の椅子収納…どれもスペースをムダにすることなく設計されていて、使い勝手の良さが伝わります。これほど空間を有効に使えるのは、造作洗面台ならではですね。

つぎに下写真はカントリー調のあたたかみがあるロングカウンターの洗面台です。
f:id:myhomeplan:20180723133609j:plain
(https://limia.jp/idea/16015/)

カウンター下にはたっぷりの収納があります。体重計、ピンチハンガー置き場など、片付けにくいものがパッと収納できるのでとても便利ですね。

下写真はスッキリとしたシンプルな洗面台です。
f:id:myhomeplan:20180723133712j:plain
(http://www.nattoku-osaka.jp/21316/page/)

白を基調とした清潔感あるキレイな洗面台です。

下写真はL字のロングカウンター洗面台です。
f:id:myhomeplan:20180723133901j:plain
(https://www.okuta.com/sp/blog/sa007/914)

スペースとしては広くないと思いますが、造作することで収納がたっぷりつくれています。また洗面台と別に収納を用意すると「モノがたくさん置いてある狭い洗面所」というイメージになりますが、洗面台と収納をまとめて造作しているので統一感があって空間がスッキリし、部屋を狭く感じさせない効果があるように思います。

下写真は洗濯かごスペースを設けた造作洗面台です。
f:id:myhomeplan:20180723135019j:plain
(http://cocoyuko.com/zousakusenmenzyo/)

洗濯かごも大きいものなので収納できてしまえば、見た目がスッキリして良いですね。



まとめ

今回は新築洗面台を造作でおしゃれにつくる方法をご紹介しました。造作は自分好みにカスタマイズできるのが魅力で、鏡、洗面ボウル、タイル、カウンター、収納などをおしゃれに、使い勝手の良いようにすることができます。「洗面台はこうしたい!」と、こだわりがある方であれば、きっと満足いくステキな造作洗面台がつくれるはずです。

この記事が「新築洗面台を考えている」「洗面台を造作したい」という方のご参考になれたら嬉しいです。今回も読んでくださりありがとうございました。