年収400万の新築マイホームブログ

年収400万、子どもありの専業主婦がかく小さい新築北欧ハウスのブログです。主婦目線でハウスメーカー選び、見積り、新築資金の節約、実際に便利な間取りなどをまとめます。

新築洗面所の間取りで便利だったもの①

こんにちは、夫の年収400万円で家族みんなの夢がつまった新築マイホームを計画している主婦です。今回はわが家の新築マイホームの洗面所で実際に造って便利と思えたもの①をご紹介します
(②はこちら→新築マイホームの洗面所間取りで実際に便利だったもの②)

洗面所まわりの家事は実は意外と多いです。洗面所や洗面台・洗濯機周辺の掃除、洗濯物を洗う・干す、脱衣など…。毎日かかせない家事が洗面所でされていて、それが負担になるときだってあります。

わが家の場合、新築洗面所では家事がラクになるようにと間取りや収納を考えました。工夫はちょっとしたことなのですが、家事はグッとラクになりましたよ

この記事が「新築洗面所を考えている」「家事をラクにしたい」という方のご参考になれたら嬉しいです。今回もよろしくお願いします。


【目次】

わが家の新築洗面所の間取りなどで便利だったもの

わが家の新築洗面所の間取り

f:id:myhomeplan:20180906143835j:plain
(わが家の新築洗面所の間取り)

上の図がわが家の新築洗面所の間取りです。洗面所には洗濯機と洗面台があって、お風呂場にも通じているので洗面所は脱衣場もかねています。

便利①バルコニーに出るドア

f:id:myhomeplan:20180906143858j:plain
(わが家の新築洗面所の間取り)

上の間取り図からわかりますようにわが家の洗面所は直接バルコニーに出られるようにドアが作られていますが、これはかなり便利に使っています。というのも、洗濯物を最短ルートで外に干しにいけるからです

外干しのときには洗濯機から洗濯物を取り出しながらハンガーに掛け、そしてそれらを手に持ってドアから外に出て干すだけです。外干しまでの移動距離はわずか5歩程度。洗濯物をカゴに入れる手間もカゴから取り出す手間はなく、洗濯物を運ぶ手間も最小限です。

新築を建てるまでは「1階洗面所で洗濯→2階ベランダで外干し」生活で、これも正直あまり不便には感じていなかったんですが(不便に気づかなかった感じですね^^;)、「洗面所で洗濯→5歩で外干し場」生活をしてみると洗濯がかなりラクに感じます。洗濯が面倒くさくない(笑)そして2歳の娘も私がハンガー掛けた服を干しに行ってくれます(*^^*)

洗面所→外干し場に通じるドアは新築洗面所の間取りを考えている方にはおすすめですよ。


便利②室内物干し場

室内用ホスクリーン

室内物干し場も洗面所にあると便利です。

室内物干し場が洗面所にあれば洗濯機から洗濯物を直接ハンガーに掛けて、その場で干せます。「洗濯カゴに入れる・取り出す、洗濯物を運ぶ」の手間がなくなります。

わが家の場合、洗濯機から室内の物干し場までの距離は簡単に手が届くほど短くて移動距離は0歩です。そのため洗濯物を取り出せば、体を捻るだけで室内干しができてしまいます。便利なので忙しいときや疲れたときは外干しができる日であっても、室内物干し場を使っています。
(おしゃれな室内物干しを選びたいかたはこちも→新築洗面所の物干し竿を目立たなくする方法 - 年収400万の新築マイホームブログ)


便利③かさ上げタイプの洗濯パン

洗濯機用防水パン

かさ上げタイプの洗濯パンは掃除のときに大助かりです。

洗濯パンには下写真のような平べったいフラットタイプの洗濯パンと四隅だけ高さが設けられているかさ上げされたタイプとがあります。

フラットタイプの洗濯パンは洗濯パンと洗濯機の間の隙間が小さいので、洗濯パンを掃除をするときは手が届きにくくて掃除に手間がいります。一方かさ上げタイプの洗濯パンは洗濯パンと洗濯機の間の隙間が大きいので手が奥まで届いて、掃除が簡単です
(洗濯パンについて詳しくは→新築洗面所に便利な掃除しやすい洗濯機パン - 年収400万の新築マイホームブログ)

新築するまでわが家はフラットタイプの洗濯パンを使っていたのですが…正直ホコリや髪の毛が溜まっていたことが多かったです。掃除がしづらくて、掃除のやり方もよく分からなくて、面倒になってしまい掃除頻度が少なくなっていました。

けれども新築してから使っているかさ上げタイプの洗濯パンは清潔をキープしています。洗濯機と洗濯パンの間に手が入るのでササッと拭き掃除が簡単にできて、洗面所掃除ついでに洗濯パン掃除も気軽に終わらせられます。

「掃除が面倒、キレイがキープできない…」というのは、設備の選び方1つで改善できることなのかなと思います。


便利④タオル・パジャマ・下着収納スペース

タオル・パジャマ・下着収納スペースが洗面所にあると洗濯物収納がグッとラクになります。洗面所に物干し場がある場合、洗濯物を持って移動する手間が省けるからです。タオル・パジャマ・下着は洗濯物のなかでも高い割合を占めているので家事ラク効果は意外と高いですよ

また洗面所はお風呂の脱衣場も兼ねていることが多いですが、このときわざわざパジャマや下着を持ってくるという手間も省けます。

わが家の場合、子供が小さくて風呂のあとのパジャマ準備はほぼ全部親がしていますが、洗面所にこれらが収納されていると「とりあえず子供を洗面所まで連れていく」だけで良いのでラクです。また子供のことをしていると、お風呂から上がったあとに「私のパンツ持ってくるの忘れた…」といったことがしばしばありましたが(私だけでしょうか^^;)、風呂場に置くようになってからはこういうストレスは0になりました。



まとめ


今回はわが家の新築洗面所で実際に造って便利と思えたものをご紹介しました。間取りや収納場所を少し工夫するだけで家事はグッとラクになりました。次回もですが、新築洗面所で実際に造って便利だったものpart2をまとめようと思います(^^)

この記事が「新築洗面所を考えている」という方のご参考になれたら嬉しいです。今回も読んでくださりありがとうございました。