年収400万の新築マイホームブログ

年収400万、子どもありの専業主婦がかく小さい新築北欧ハウスのブログです。主婦目線でハウスメーカー選び、見積り、新築資金の節約、実際に便利な間取りなどをまとめます。

新築わが家のアクセントクロス|トイレ・玄関・手洗い場

こんにちは、夫の年収400万円で家族みんなの夢がつまった新築マイホームを計画している主婦です。今回はわが家が実際に新築マイホームでつかったアクセントクロス(トイレ・玄関・手洗い場)についてご紹介します
(寝室・書斎・洗面所はこちら→新築わが家のアクセントクロス|寝室・書斎・洗面所 - 年収400万の新築マイホームブログ)

新築設計では間取りが決定したらクロスえらびが始まります。クロスえらびはベースとなるクロスは比較的スムーズに決められることが多いかと思いますが、部屋の雰囲気を左右するアクセントクロスに関してはどう使っていこうか悩むことがあります

わが家もまずはアクセントクロスを使うかどうかから始まり、そして悩みながら徐々にアクセントクロスを積極的に取り入れるようになりました。そして結果としてアクセントクロスは新築に取り入れて大正解でした。まっ白のクロスもとってもステキですが、アクセントクロスも上手く使えば自分好みのお気にいりの空間をつくれてとっても良いですよ。

ここではわが家が実際に選んだアクセントクロスの写真を添えて、アクセントクロスの雰囲気をご紹介していきます。この記事が「これから新築マイホームを建てる」「アクセントクロスをどうしようか悩んでいる」という方のご参考になれれば嬉しいです。今回もよろしくお願いします。


【目次】

アクセントクロスをつかおうと思ったきっかけ

わが家はアクセントクロスを結構とりいれた新築を建ていて、おかげでこういう記事も書いているのですが、クロスえらびを始めたころは全部屋まっ白クロスを考えていました。

というのも全部屋まっ白ならクロスを失敗してイヤな思いをすることはまずないからです。とっても無難で、歳を重ねても飽きることなくつかえるクロスです。それに白色は明るくて、空間を広くみせてくれるので小さい家を建てるわが家にとってはバッチリです。

一方でアクセントクロスというと自分好みをえらべるメリットはあるものの一歩まちがえれば派手で、うるさくて、そして出来上り前にイメージがしづらくて失敗しやすい印象がありました。新築なのに失敗したら残念ですものね。

けれどもクロスえらびのときに、タイミングよくハウスメーカーの完成宅見学会(入居3年目でした)に行く機会があってうかがってみたら、そのお家のアクセントクロスがステキなこと!実際に住んでいる方のお家のステキなアクセントクロスをみるとアクセントクロスをぐっと身近に感じれて自分もやってみようという気持ちになれました

モデルハウスにもおしゃれなアクセントクロスはあったのですが、おしゃれ過ぎて柄がや色のインパクトがつよく、実際の家につかうイメージがわきませんでした。リアルに住んでいる方の新築見学って大事ですね。

これから自分たちが建てていく新築の等身大に近くて、クロスにしろ何にしろイメージがわきやすくなります。これから新築マイホームを建てていく方はたくさんご見学に行かれることをおすすめします(^^)

さて、その完成見学会をきっかけに夫婦二人で無難に白クロスも良いけどアクセントクロスも良いねという話になり、結局わが家はアクセントクロスをよくつかった家ができあがりました。
(ただアクセントクロスきめには色々とありました(^^;)これも思い出でです↓
新築設計でおきた夫婦喧嘩 - 年収400万の新築マイホームブログ)



玄関のアクセントクロス

玄関

上写真はわが家の新築玄関です。始めはシンプルな真っ白の壁紙を貼る予定だったのですが、玄関だしおしゃれにワンポイントを入れてみようということでアクセントクロスを小さいスペースですが貼りました

こちらがアクセントクロスのアップ画像です。
玄関アクセントクロスアップ

色は明るくて、柄も派手な方かなと思います。飾棚上の小さいスペースなので、思いきって目立つものを選びました。

個性的ですがお気にいりのアクセントクロスで、玄関ドアを開けて入るとアクセントクロスがぱっと目に入り家のなか全体を明るくておしゃれな感じにしてくれます。

わが家の場合、飾棚には大したものが置けていませんが、このアクセントクロスのおかげで華がある雰囲気にしてくれています



トイレ

トイレはそれほど見せる空間ではないので、わが家好みのクロスを選ぼうといことになりました。そして選んだクロスはこちらになります↓

トイレ

葉っぱモチーフのうすーい明るめグリーンベースのアクセントクロスです。

アクセントクロスのアップ画像はこちらです↓

トイレアクセントクロスアップ

ベースカラーは明るめですが淡くて、柄も落ちついているので落ち着く雰囲気に仕上がりました。

わが家は今までは真っ白のクロスのトイレしか使ったことがなくてトイレにアクセントクロス全面貼りは勇気がいる決断でした。うるさくなりすぎないかな、柄に飽きていやにならないかなとか色々不安がありました。

けれど真っ白クロスより選んだアクセントクロスの方がトイレ全体がより明るくやわらかな感じになって、トイレならではのジメッとした暗い雰囲気のイメージがなくなって、お気にいりの空間になりました

ちなみにトイレに関しては私と夫がピックアップしたアクセントクロスのなかから子どもが選びました。子どもの記憶には残らないでしょうが、夫婦の思い出話にはなっています(^^)



手洗い場

手洗い場では洗面ボウルと鏡の間にカラフルなタイルを貼りました。このような感じです↓

手洗い場

アップがこちらです↓

手洗い場アクセントクロスアップ

玄関のアクセントクロスと色合いを合わせたものを選んでいます。こちらのタイルも玄関と同様に色合いが派手ですが、小さいスペースだけの張りつけなのでうるさくなく、むしろ空間を明るくしてくれています



まとめ

今回、わが家でつかったアクセントクロスについてご紹介しました。どの部屋のアクセントクロスも空間に華やかさをプラスしてくれて、家がよりお気に入りの空間になりました。

わが家はクロスえらびの始めは無難に飽きがこず、長く好んでつかえるようにと思って全部屋真っ白クロスを考えていましたが、思いきってアクセントクロスをつかってみて良かったと思っています。

この記事が「これから新築マイホームを建てる」「アクセントクロスをどうしようか悩んでいる」という方のご参考になれれば嬉しいです。