年収400万の新築マイホームブログ

年収400万、子どもありの専業主婦がかく小さい新築北欧ハウスのブログです。主婦目線でハウスメーカー選び、見積り、新築資金の節約、実際に便利な間取りなどをまとめます。

【ヘーベルハウス見積り②】費用と値引き要素

本日、ヘーベルハウスさんと2回目の見積り相談をしてきました。


見積りの総額は3400万円!
土地諸費用込みで550万、建物のは建坪31で2900万円。

…………うっ(;´_ゝ`)
ヘーベルハウスさん、1回目の見積りでは建物2500万円でしたけど!(笑)

そこからは営業さんとの値引き話です。


===========
・見積り提示時点での値引き交渉

・見積り提示後の値引き交渉
===========


・見積り提示時点での値引き交渉
まずは見積りを提示された時点での値引き交渉です。
ここは軽めのお話のみです。

◆躯体価格
マイナス4%まで即快諾。
マイナス86万円
(以前は6%まで出来たけれど、社長が変わってからは厳しくなったそう…これ以上は厳しいかな?)

◆水道引き込み(100万円)
他業者利用OK
地元業者に見積もってもらったところ60万円でした。

◆外構(200万円?)
他業者利用OK
これは地元業者に見積もり依頼中です。

◆キャンペーン値引き
45周年でマイナス45万円

・見積り提示後の値引き交渉
見積り提示後はメールにて値引き交渉です!
メールの方がデータとして値引き交渉の記録が残るので有効かと思い、本格的な値引き交渉はメールを利用しました。

◆登記費用(30万円)
一部自己手続きOK
契約するローンによって手続きが異なるためと、具体的な値引き額までは提示されず。

◆屋外給排水費用(65万円)
工夫によっては削減できますとの回答。
こちらも具体的な値引き額についてまでは提示されず。

◆パナソニック給湯機(48万円)
アマゾンで調べた人気給湯機は三菱製の同容量で20万円だったので、変更可能か確認したらOKとのこと。
お風呂以外は設備は変更できるので、対応しますとのことでした。

◆間取りの工夫
間取りの工夫によっても値引きは100~200万円程度はできるだろうとのことでした。
次回に具体的案を紹介してくれるそうです。


今のところ交渉したのは以上です!
大まかに約束してくださった値引き金額だけでも300万円程度あります。
契約前にはしっかり営業さんに相談をしなければと感じる額です。

ヘーベルハウスさんの営業さん、本当に丁寧に対応してくださって感謝です(ノд<)
もう少し交渉していくので、どうぞお付き合いお願いしますー!

 

●おすすめ記事

マイホーム費用は住宅ローン・保険の選び方で数十万円安くなるかもしれません↓

自分に合った住宅ローン会社のランキング付けサービス - 年収400万!新築マイホーム購入計画ブログ

フラット35団信加入と収入保障保険ではどっちが得?|2017年10月以降の住宅ローン - 年収400万!新築マイホーム購入計画ブログ

 

↓応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村