年収400万の新築マイホームブログ

年収400万、子どもありの専業主婦がかく小さい新築北欧ハウスのブログです。主婦目線でハウスメーカー選び、見積り、新築資金の節約、実際に便利な間取りなどをまとめます。

住友林業のメリット:シロアリ駆除方法タームガード

こんにちは、夫の年収400万円で家族みんなの夢がつまった新築マイホームを計画している主婦です!


さて、前回に続いて住友林業さんの魅力についてです。今回はシロアリ駆除方法についてご紹介します。

シロアリ駆除方法なんてどこも一緒だろうと思われがちですが、実はホームメーカーさんによって様々です。なかでも住友林業さんの場合は独特な方法でシロアリ駆除(タームガード)を行っており、小さい子どもがいる我が家にとってはとてもメリットを感じられる方法だったのでご紹介します。

 

 

 

シロアリ駆除方法:タームガードとは?


construct02_04
(参考:http://www.termguard.jp/construct/construct02.html
住友林業さんのシロアリ駆除方法はタームガードという技術を取り入れています。

タームガードとは建物周囲にパイプを通し、そのパイプの中に防蟻薬剤を注入してシロアリから家を守るという方法です。要は家の中に入ってくる前にシロアリをやっつけようという方法になります。

 

 

タームガードのメリット①防蟻処理は屋外作業で済ませられる


防蟻処理は家の外にあるパイプに対する屋外作業なので、従来のように業者さんが家の中に入ってくることもありません。そのため家の中の整頓に追われることはありませんし、家人不在でも作業は可能です(理想は家人が居た方がよいでしょうけど)。

 

 

タームガードのメリット②防蟻薬剤が床下に散布されない

br />何よりのメリットは、防蟻薬剤が床下に散布されないことです。防蟻薬剤はシックハウス症候群の原因に指摘されています。タームガードであれば家の外にあるパイプに薬剤が投入されるため、居住空間における薬剤の影響は最小限にとどめることができます。この点は小さい子どもがいる我が家にとっては、かなり大きな魅力として感じた点です。

住友林業さんは以前、一条工務店さんと同様の防蟻処理方法である加圧注入式防腐防蟻処理を採用していたそうです。しかしそれでもシックハウス症候群に関する問い合わせがあったため、現在のタームガードシステムを採用した流れがあるそうです(営業さん曰くですが)。

シックハウス症候群の明らかな根拠ある研究データを知らないので、どの手法が良いかは判断できませんが、やはり薬剤が床下に散布されるより屋外パイプに注入されている方が断然安心に感じます。

 

 

まとめ


住友林業さんは、その長い歴史から様々なデータを得てタームガードという防蟻処理システムを採用したようです。タームガードは床下に防蟻薬剤が散布されないため居住空間に対する薬剤の影響を最小限に留めることができ、小さい子どもが居ても安心感があります。住友林業さんを検討している方は是非防蟻処理についても確認してみることをおすすめします!(^^)

↓応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村